ファンケルマイクレには界面活性剤は入っている!それでもとどまるところを知らない人気のワケとは

ファンケル公式サイトを見ると、ファンケルマイクレに関しては「石油系界面活性剤不使用」と書かれています。

 

しかし、勘違いされている方も少なくないと思いますが、「合成界面活性剤」は使われています。

 

「界面活性剤」と聞いただけでイメージから「お肌に悪い!」と思って毛嫌いしている方が多いのではないでしょうか。
今回は、まず界面活性剤がどんなものかを知ったうえで、ファンケルマイクレについて学んでいこうと思います。

 

【そもそも界面活性剤とは】

 

「水と油」というように二つの成分が混じらないのは多くの方がご存知だと思います。
しかし、化粧品のほとんどは水と油をうまく配合して作られていますよね?
その二つをつなぐ役割をしてくれるのが、界面活性剤です。水と油の配合は化粧品を作るうえでの芯となる部分なので、多くの商品に使われています。

 

では、界面活性剤のどんなところが怖いかみなさんはご存知でしょうか。

 

それは、食器洗剤に使われるほど、高い洗浄力を持っていることです。

 

簡単に言ってしまえば、なかなか落ちないお鍋のカレーを落とす力が界面活性剤にはあり、それが顔に直接つける化粧品に配合されていることが怖いというわけです。
洗浄力が高すぎて、必要な油分も落としてしまう成分というわけですね。

 

【ファンケルマイクレにも使われている界面活性剤】

 

ファンケルマイクレにも、確かに界面活性剤は使われています。
「石油系」が入っておらず、「合成界面活性剤」が使われています。

 

ファンケルマイクレって「優しいのに、良く落ちる」ことが最大の人気ポイントですよね。その「良く落ちる」力を出すには、界面活性剤はどうしても必要であったわけです。

 

しかし、ここからが最大のポイントです。

 

ファンケルマイクレは、「界面活性剤の利点を最大に活かしながら、欠点を補うことに成功した商品」です!

 

つまり、界面活性剤の洗浄力を利用しつつ、とろみのあるテクスチャでこすらず「即」汚れが落ちるようにし、洗い上がりは突っ張らない、必要な油分は残したクレンジングオイルなのです。
それがキャッチコピーの「こすらず、するん」です。

 

界面活性剤を長時間肌にのせゴシゴシ洗ってしまうことで、どんどん必要な油分も奪われてしまいます。
しかしトロトロオイルで本当にこすらず「即」汚れを落とすことで、界面活性剤のマイナス点をカバーすることに成功したのです。

 

これがファンケルマイクレが大ヒットしたポイントともいえるでしょう。

 

【まとめ】

 

良く知らないのに「界面活性剤がはいってるなんて」と毛嫌いするのではなく、まずどんなものなのか何がいけないのかを知ることは美肌を手に入れるために重要なことでしょう。

 

もちろん、結局は個人差があるので使ってみないと何ともいえない、というのが本当のところでしょう。

 

しかし、ファンケルマイクレは公式サイトで500円で試せるというのです。
いいか悪いか噂をうのみにする前に、まずは試してみてはいかがでしょうか?

 

本当の良しあしは、自分の肌しか知らないと思いますよ♪